吉岡刃物の研ぎ直し

※指定日仕上げはご指定いただけませんのであらかじめご了承下さい。
※葉刈シーズン(6月から12月)は研ぎ直しが大変混雑するため、仕上がりが非常に遅れることがあります。
当社の研ぎ直しはネジ(カシメ)をはずし、裏研ぎ、小刃研ぎ、歪とり、先の合わせ、柄のガタ直しまで致します。
運賃は一律800円とさせていただきますが、研ぎ直しを当社に送付される場合はご負担をお願いします。お客様が研ぎ直しを送られてから、当社が発送するまで2週間ほどかかります。弊社からの発送は代金引換となります(手数料324円~)。
種類価格
両手バサミ ・刈込鋏 ・太枝 他 1,200円~
両手バサミ 柄交換800円~
片手バサミ ・植木鋏 ・剪定鋏 ・芽切り鋏 ・生花鋏 他800円~
包丁 ・芽切り ・文化 ・出刃 ・刺身 他700円~
鎌 ・握鋏300円~
ナタ ・造林鎌800円~
その他 各種ご相談に応じます。

鋏だけで年間1,000丁以上の研ぎ直しをしています。

1.研ぎ直し前 2.ネジを外す
36番の砥石で2~3回裏をあててみると、よく使い磨り減って砥石があたらない(写真右 黒い部分)が見えます。

3.裏の荒研磨
36番の砥石で裏を何度も研ぎ、黒い所がなくなるまで研磨します。

4.刃の荒研磨
36番の砥石で刃を研磨します。刃欠けしていたら、厚めに研磨。刃欠けしていなければ、薄く研磨、お客様の使い方に合う研ぎを致します。
5.裏研磨
200番の砥石で裏を研磨します。
6.刃 ペーパーバフ仕上げ
ペーパーバフで刃の研磨目を小さくします。
7.裏仕上げ
仕上げの砥石で、裏の研磨目をより細かくします。
8.裏押し
裏押しをします。裏押しをしなければ、刃と刃がかんでしまいます。裏押しが大きければ、刃欠けしにくいが、葉を切る時の切れ味が悪い。裏押しが小さければ、刃欠けしやすいが、葉を切る時の切れ味が良い。
9.歪付け
ネジを付け、刃と刃が順番に合たる様にハンマーで叩き調整します。
10.刃先と柄の調整
先の長さを研磨しそろえ柄のガタを直し研ぎ直しのできあがりです。
柄交換
柄にひびが入っていたので柄の交換もしました。
一本 800円
お問い合わせはメールにて受け付けております。